カテゴリ:Pet's > Aquarium

水槽でお魚を飼育されている方は「 何をいまさら 」みたいな
記事ですが、これから" 金魚を飼育してみたい "という方には
ムダにならない記事かと思いますので、よろしかったら
眺めてみてくださいな

と、書いたものの、これがなかなか面倒な記事で専門用語が
いっぱい出てきて、記事にしているechoesも" ヘッ "
みたいになるかもしれません、そのときはスルーしてください

水槽の飼育水をキレイな状態で維持するには前回記事にした
フィルターが必需品です
ではそのフィルターの中で" ろ過 "をしているんですが
" ろ過 "とは何か、大きく3つに分けられます
一つは" 物理ろ過 "、二つ目は" 生物ろ過 "、そして" 科学ろ過 "
この三つを説明していきます

❄ 物理ろ過 ❄
" 物理ろ過 "とはアクアリウムにおける水質浄化過程のうち、科学的な
汚染物を除去するのではなく、水草に切れ端やエサの残り、ウロコ
などを物理的に除去することを言います

多くの場合、物理ろ過はこれに続く科学ろ過、生物ろ過の前処理として
行われ、ろ材の目詰まりを防いだり、腐敗による化学・生物ろ過の
負担増加を防ぐことが目的となっています

素材・原理としてはフィルターを通してスポンジや砂利、不織布や
ウール・フェルト生地によりマットなどを通過させるもの、サンプ槽
などに自然沈殿させるもの、プロテインスキマーによるものなどが代表的です

使用に伴い汚れやゴミが付着するために、ろ過能力はしだいに
低下していき、そのためろ過装置( パイプ・インペラ )は定期的に
洗浄が必要である同時に、ろ過に使用するろ過素材の表面に
生物ろ過バクテリアが住み着くことにより生物ろ過としての機能を
持たせた設計もあり、過剰な洗浄や高頻度の交換を
推奨されていない場合があります
無題
物理ろ過=簡単に言えば水槽のゴミを濾しとるということで!

❄ 生物ろ過 ❄
これが面倒くさい・・・
" 生物ろ過 "は生体に悪影響を与える汚染物質を生物的原理に
基づいて除去することを言います
( 生物的原理=もう面倒くさいですもんねぇ・・・ )

多くの場合、生物ろ過は主要な役割を期待され、閉鎖水系に蓄積される
生体の代謝物、特にアンモニア、亜硝酸イオン、硝酸イオンを
硝化細菌や脱窒細菌、光合成細菌あるいは水草・海藻により
低害化・無害化を図ることです
( なぁ~に言っちゃってんのって感じですよね )

古くから水槽内のお魚を長期間飼育するには水草などの植物や砂利
そしてエアレーションが必須的であると知られていました
現在では家庭用アクアリウム用途としても多種多様なろ過装置が開発
販売されていますが、その多くは主に上記硝化細菌の活着・繁殖を
目的とした生物ろ過装置でして、水槽の立ち上がり( 新規水槽内が
生体的に安定化し、お魚が問題なく飼育可能になること )は
この硝化細菌群をいかに増殖させるかに掛かっていると言ってもいいです
( ゴジャゴジャと・・・いいバクテリアちゃんをいっぱい増やそうってこと )

硝化細菌の培地( =ろ材 )としてセラミックス、グラスウール、砂利
サンゴ砂、植物片などさまざまな素材が使用され、そのすべては
『 硝化細菌の活着可能な面積の拡大 』と『 微細化に伴う水流停滞の防止 』
『 高寿命 』を念頭に独特の形状が試されています
硝化細菌は好気性であり、そのろ過活動には多くの酸素を
必要とするためろ材の目詰まりに弱く、飼育水自体の
溶存酸素量にも注意しないといけません
( いいバクテリアちゃんは酸素が欲しいのでブクブクを使いなさいと )

近年では生物工学に基づく培地開発のほか、硝化細菌自体を
休眠、高濃度化した商品も存在します
( フ~ン )

続きを読む

ベタちゃんの記事で" フィルター "なんて表現をしたので
せっかくなので水槽でのフィルターの役目や種類などを

お魚もフンやエラから汚れを排出します
また、死んでしまった個体や植物( 水草 )とエサの食べ残し
などからも汚れが出ます
これらは水槽水を汚し、お魚や植物の生成に大きな
影響を与えることから、健全な水槽には" ろ過 "が
大切となってきます
この" ろ過 "を行う装置が" フィルター "です
gaibu_filter
適切な汚れのサイクル管理が重要です
フンや分解物によるアンモニアは非常に有毒!
バクテリアによってアンモニアは亜硝酸塩へ、またこれをさらに
毒性の低い硝酸塩へ変えられていきます
自然界ではこの硝酸塩は植物の肥料として消費されます
水槽内の植物によっても多少消費されるようです

しかし、水槽内では自然界ではありえない数と種類のお魚が
飼育されていることから多くのアンモニアが生成されます
アンモニアを分解する細菌は水槽内すべて存在しますが
多孔質ろ材を内蔵するフィルターに多く存在します
ですが、フィルターですべての有害物やゴミの除去を
行うことはできないので、定期的な掃除、水を交換する
作業が必要になってきます

❆ 水槽のろ過に適したろ材 ❆
多くの材料がろ過に利用されていて、よく知られているフィルターの
素材は" ウール "と呼ばれるポリエチレンまたはナイロンがあります
スポンジまたはフォーム、各種セラミックやシリコン製品、火成岩礫も
素材として使用されています
800px-Filtermaterial_060227
活性炭やゼオライトも多く利用されていて、これらは多孔性材料であり
様々な化学物質を吸着したり、ろ過細菌のコロニーを形成します
もっとも単純なタイプのフィルターはウールフィルターと活性炭
ウールフィルターは大型デブリ粒子をトラップし、活性炭は
小さな不純物を吸着します
吸着したものが可飽和するため、定期的に交換や掃除をする
必要性がでてきます

続きを読む

↑このページのトップヘ

レッドクローバ ブロッサム