カテゴリ:Music Album > Other Artist

" アクアリウムでの「ろ材」 "でパカパカとキーボードを
打っていたんですが、何気に思えば今年も明日・明後日で
今年も終わりなんでよね( 全く実感がありません )
ただ、思うことは1年が過ぎるのが早い・・・
早いのがい" いいこと "なのか" いいことじゃない "かは不明・・・

全記事に続いて、久々の音楽ネタ
1978年リリースのボストン「 Don't Look Back 」です
邦題は" 新惑星着陸 "
デビュー作「 BOSTON( 幻想飛行 )」から2年振りのアルバムです
❄ この後からアルバム発表が超遅くなります・・・ ❄
Boston_-_Don't_Look_Back
邦題にあるように" ボストン号が新惑星に着陸 "したような
アルバムジャケットですよね
セールス的にはデビュー作に追いつかなかったものの
アルバムは全米1位になっています

Set List
1 ドント・ルック・バック Don't Look Back
2 ザ・ジャーニー The Journey
3 イッツ・イージー It's Easy
4 ア・マン・アイル・ネバー・ビー A Man I'll Never Be
5 フィーリン・サティスファイド Feelin' Satisfied
6 パーティ Party
7 ユースト・トゥ・バッド・ニュース Used To Bad News
8 ドント・ビー・アフレイド Don't Be Afraid
---------------------------------------------------------------------------
Member
G,Key:トム・ショルツ Tom Scholz
Vo:ブラッド・デルプ Brad Delp
G:バリー・グドロー Barry Goudreau
B:フラン・シーン Fran Sheehan
Ds:シブ・ハシアン Sib Hashian
-----------------------------------------------------------------------------

続きを読む

Jean-Luc Ponty( ジャン=リュック・ポンティ )
フランス人のヴァイオリニストでフュージョンの分野で
活躍しているアーティストです

最近よくこのアルバムを聴いています
ここ2週間、仕事でのイライラが多く心地のいい音楽を
求めていたら「 そういえばあったな 」というわけで
久々に聴いてみたら、ばっちりハマってしまいました
51mhV2RnGxL_R
ベストアルバムなんですが以前1977年リリースの
「 Enigmatic Ocean( 秘なる海 ) 」を持っていたんですが
これまた、友達に貸したっきり戻ってこず・・・
CD屋さんに入って同じアルバムをっても思ったんですけど
この当時の音楽性が好きだったのでこのアルバム購入
大好きな曲も入っていたので・・・
どんな感じで演奏しているかというと
Jean-Luc Ponty 1978-10-13 Pawtucket, RI-fr
こんな感じです
珍しいですよね、エレクトリック・ヴァイオリン
キレイな音出してますよ

Set List( Disc1 )
1 Question With No Answer
2 Bowing-Bowing
3 Echoes Of The Future
4 Aurora,PartⅡ
5 Waking Dream
6 Renaissance
7 New Country
8 Enigmatic Ocean,PartⅡ
9 Enigmatic Ocean,PartⅢ
10 Mirage
11 Egocentric Molecules
12 Cosmic Messenger
13 Ethereal Mood
14 I Only Feel Good With You
15 No Strings Attached

Set List( Disc2 )
1 Stay With Me
2 A Taste For Passion
3 Once A Blue Planet
4 Forms Of Life
5 Rhythms Of Hope
6 Mystical Adventures(Suite),PartⅣ
7 Mystical Adventures(Suite),PartⅤ
8 Jig
9 Final Truth,PartⅠ
10 Computer Incantations For World Peace
11 Individual Choice
12 Nostalgia
13 Eulogy To Oscar Romero
14 Infinite Pursuit
15 In The Kingdom Of Peace
16 Caracas
17 Forever Together

続きを読む

今日はトム・ショルツひきいるボストンの1976年デビュー作
「 BOSTON( 幻想飛行 ) 」です

カンサスなんかと並んでアメリカン・プログレ・ハード
なんて称されていますし、ボストンの曲がきっかけで
" クラシック・ロック "なんて言葉も生まれました
tower_3185925_R
全米ビルボードチャート最高3位を記録し、142週チャートイン
アメリカだけで1700万枚、全世界では2000万枚の売り上げ
デビュー作では異例の大ヒットとなりました

Set List
1 宇宙の彼方へ-More Than A Feeling
2 ピース・オブ・マインド-Peace Of Mind
3 フォアプレイ/ロング・タイム-Foreplay/Long Time
4 ロックンロール・バンド-Rock And Roll Band
5 スモーキン-Smokin'
6 ヒッチ・ア・ライド-Hitch A Ride
7 サムシング・アバウト・ユー-Something About You
8 レット・ミー・テイク・ユーホーム・トゥナイト-Let Me Take You Home Tonight
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Member
G,Key:トム・ショルツ Tom Scholz
Vo:ブラッド・デルプ Brad Delp
G:バリー・グドロー Barry Goudreau
B:フラン・シーン Fran Sheehan
Ds:シブ・ハシアン Sib Hashian
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

続きを読む

本日は音楽ネタをもう一つ
とっても思い入れのあるアルバムです

高中正義の「 スーパーセレクション 」
無題_R
今でいうベストアルバム的な" 企画もの "アルバムです
CD化されていないので曲紹介もレコードのままで

Side A
1 Samba Pa Ti
2 That's The Way Of The World
3 We're All Alone
4 Mambo Jambo

Side B
1 Blue Curaso
2 Close Your Eyes
3 香港戀歌
4 Ready To Fly
------------------------------------------------------------------
Member( Side B )
G:高中 正義
B: 後藤 次利
Ds:高橋 ユキヒロ
Key:今井 裕
------------------------------------------------------------------

SideAはカヴァー曲で、SideBはサディスティックス時代の
曲がテイクされているんですが、何が思い入れあるかというと
" 高中正義 "を聴くきっかけになったのが、まずはこのアルバム

" ブルー・キュラソー " " レディ・トゥ・フライ "などいい曲ですし
このアルバムの" レディ・トゥ・フライ "が色々ある中で一番好きです

次に、SideAの1曲目" Samba Pa Ti "そうですSANTANAの
" 君に捧げるサンバ "のカヴァー曲なんですがSANTANAを
このアルバムで初めて知りました
それをきっかけに" 洋楽 "にどっぷり浸かることとなりました

もう一つ、SideAの" We're All Alone "=ボブ・スキャッグスの
代表曲のカバーなんですが、なんとこの曲echoesとカミさんの
結構披露宴のキャンドルサービスでかけてもらった曲なんです
この曲のほかにもう1曲かけてもらったんですが
それはまた別の機会で紹介します( 高中正義ではないです)

この人のエフェクターさばきは天下一品です

上記以外にも、高校の時友達にこのアルバムを貸したら
卒業と同時に東京に" さよなら "してしまって
また、同じアルバムを買うなんて珍エピソードもあり
とても思い出のあるアルバムになっています

 Blue Curaso


HOME

1982年にデビューしたスーパーグループ
ASIAのデビューアルバム「 ASIA( 詠時感~時へのロマン ) 」です

発売前からすごいグループが結成されるなどの
話が合って、当時結構な話題になっていました
それもそうですよね、凄いメンバーが集まっていますからね
71Uz54Z6xZL__SL1095__R
ロジャー・ディーンのヒプノシスには頭が下がります
アルバムタイトルの" Aで始まりAで終わる "がしばらく続きます

Set List
1 ヒート・オブ・ザ・モーメント-Heat Of The Moment
2 時へのロマン- Only Time Will Tell
3 孤独のサヴァイバー-Sole Survivor
4 ワン・ステップ・クローサー-One Step Closer
5 タイム・アゲイン-Time Again
6 この夢の果てまで-Widest Dreams
7 ウィズアウト・ユー-Without You
8 流れのままに-Cutting It Fine
9 ときめきの面影-Here Comes The Feeling
-----------------------------------------------------------------------------
Member
Vo,B:ジョン・ウェットン John Wetton
Key:ジェフ・ダウンズ Jeoffrey Downes
G:スティーヴ・ハウ Steve Howe
Ds:カール・パーマー Carl Palmer
---------------------------------------------------------------------------
と、まぁまぁ、そうそうたるメンバーですよね
キング・クリムゾン、U.K.の" ジョン・ウェットン "
バグルスの" ジェフ・ダウンズ "
イエスの" スティーヴ・ハウ "
EL&Pの" カール・パーマー "と
プログレッシヴロックの大御所ミュージシャンが集まりました

おまけにプロデューサーはJOURNEYを
プロデュースしたマイク・ストーンとくれば
売れないはずがないです!!

続きを読む

↑このページのトップヘ

レッドクローバ ブロッサム