カテゴリ: Liquor

カミさんが気を利かしてワインを買ってきてくれました
CIMG1245_R
2016年ボジョレー・ヌーヴォー
年に1・2回ワインを飲む1回がこのボジョレー・ヌーヴォーです

今年は
" 採れたてのベリー系の果実を口の中で頬張ったかのような
瑞々しい味わいが魅力 "
" 特に酸と果実味のバランスが素晴らしい魅力的な仕上がり "
とのこと・・・
CIMG1246_R
いつもの年なら、適当なグラスで適当に飲んでいるんですが
今年は、なんとちゃんとした" ワイングラス "があるので
リッチな気分で飲んでみることに( グラスに注いだ写真忘れた )
グラス2杯ほど飲んでみました

で、飲んだ感想は・・・
" んっ、渋い! "
以上です

2年位前のボジョレーは甘くておいしかった記憶が
あるんですが、赤ワインの感想はいつも上記です

やっぱりワインの味はわからん・・・。

HOME

今週の日曜日に、とあるブログサークルの方から
" ワイングラスでビールを飲むとまた違った味わいで飲めますよ "
という情報をいただき、早速試してみようと
" さっさとお風呂入って楽しみま~す "なんて返信を
送って、ホントにさっさとお風呂に入り、いざ晩酌スタート

食器棚をガラガラ開けてワイングラスを探していると
❄ 普段はこんなこと絶対にやりません!! ❄
カミさんが" 何探してるの "と聞いてきたもんだから
" ワイングラスどこにあるんだっけ "と聞いたところ
" ワイングラスなんかないよ "

この回答にechoes" ヘッ? "・・・
そうなんです、我が家にはワイングラスがなかったのです
ワインは年に1~2回くらいしか飲まず、友人や知人が
持ってきたときに飲む程度で、改めてワイングラスでなんか
そういえば飲んだことなかったっけ・・・
ヘタすると" 湯呑茶碗 "で飲んだりしていたからなぁ

未だに味がわからないお酒
" ワイン "と" 焼酎 "
ワインは白のとっても甘口だったら飲めます
でも味はまったく分かりません!!
焼酎も" イモ "とか" ムギ "とかいろいろありますが
まったくもって、味も旨さもわかりません!!

話を元に戻します
ワイングラスがないんでは試したくても試せません
でわ、ワイングラス購入
DSCN0054_R
念願叶いましたッ!!
" 半分くらい注いで香りを楽しみながら "とレクチャーを
受けていたのでそのようにして飲んでみました

週はじめのなんかの情報番組でベルギーのビールの
飲み方が同じような感じで、飲んでいる姿を見ていたら
やはり" 香り "も楽しんでいるようでした

実際に試したのは水曜日なんですが、いつも使っている
グラスとワイングラスとで香りの違いを感じてみましたが
確かにワイングラスのほうがホップの香りが普通の
グラスより感じ取れるように思えました

飲み方も一気のゴクゴク飲むのではなく味わって
飲むようにすると高級なビールを飲んでいるような
気分になってきます
それでもって、気分良くなるのが早いような感じがしました

通常のビールはこれでホントに楽しめます
で、この飲み方で飲んでみたいビールが・・・
それは、これです
DSCN0056_R
" ギネス "アイルランドのブラックビールです
このビール好きなんですよねぇ
甘い香り・香ばしい味
ワイン・焼酎はわからなくてもビール・ウイスキーの味はわかります
ちなみに、こんなのも売っていました
DSCN0057_R
" ギネス・エクストラ・スタウト "初めての購入です
これは、あとで飲みましょう
ということで" ギネス "をワイングラスで飲んでみることに( リアルです )
DSCN0058_RDSCN0059_R
いいですねぇ、このきめの細かい泡立ち
ギネス独特です
飲んでみますよ~
まず香りから、香ばしい香りがします!!
甘い香りだけではありません
味は、文句なしです
完璧なブラックビールです

これは、たぶんグラスの特性なんでしょうね
うまい具合に香りを閉じ込めているんだと思います
❄ 違っていたらゴメンナサイ ❄

いやぁ、でもいい感じになってきました
気のせいですかね

ビール好きの方、是非お試しあれ!!

HOME

退勤時のラジオで、7月に全米日本酒歓評会があったそうです
日本のお酒が、世界での評価されているんですね

全米日本酒歓評会とは何?
全米日本酒歓評会は2011年以来、毎年開催されており
2日間にわたって日本とアメリカ人の10人の審査員が
およそ350点の出品酒を評価します
審査の結果上位の出品酒には金賞と銀賞が授与されます

さらに、金賞受賞酒の中から総合評価で特に高い得点を
獲得した出品酒に「 グランプリ 」「 準グランプリ 」を授与します

歓評会後の出品酒は、すべてホノルル・ラスベガス、そして
東京で開かれる一般公開の利き酒イベント" ジョイ・オブ・サケ "に
提供されます

2016年歓評会
期日:2016年7月19日(火)・20日(水)
会場:ハワイ・コンベンションセンター(ホノルル市)

ということで、約2か月前にハワイで開催されたようです
審査員10人で350点を2日で審査って、結構過酷な歓評会ですね
飲まないにしても、鼻やら舌やら麻痺しちゃいそう・・・

続きを読む

鑑評会で郡山市の酒造元「 仁井田本家 」が金賞になった" 穏 "
買っちゃいました
CIMG0540_RCIMG0541_R
四合瓶です( 値段は・・・ )
パンフレットも付いてきました
CIMG0550_RCIMG0551_R
一升瓶もあるんですね
裏面は、ご贈答のカタログになっています
ニュースレターも入っていて
CIMG0552_R
鑑評会トリプル受賞しているんですね( 写真ボケでゴメンナサイ )
全国新酒鑑評会 金賞受賞  echoesが投稿した鑑評会
 福島県新酒鑑評会 金賞受賞 
 南部杜氏鑑評会       金賞受賞
全国新酒鑑評会では2年連続10回目の受賞なんだそうです

続きを読む

前に" 福島のお酒 "で記事を投稿しましたがが、先日新聞を見ていて
金賞をとったお酒が改めて紹介されていたので、echoesも改めて投稿します

まずは、" 全国新種鑑評会 "とは何   ここからですよね 以下引用です

 清酒の品質向上を目的に明治44年から毎年春に開かれており今年で通算104回目
     新種の吟醸酒を対象に香りや味を官能評価する
     平成27酒造年度の鑑評会は、独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の
     共催で実施
     現在、全国規模で開かれる清酒の鑑評会では唯一のもの                                         


明治44年からとは、歴史があるんですね ビックリしました
この歴史ある鑑評会を、福島県は4年連続日本一になったんですね
凄いですね
それでは、改めてご紹介いたします( 今回は、写真と新聞のコメント付きです )

 入魂の酒 廣戸川 大吟醸 
CIMG0500_R



福島県酒造好適米「 夢の香 」使用
「 廣戸川 」の故郷は、良田・良水に恵まれた美しい自然に
代表される天栄村

酒造元:松崎酒造店


 純米大吟醸 穏
CIMG0501_R



「 穏 」とは、代々の蔵元がその名を受け継ぐ一文字
自然米を50%に磨きこみ、白麹酒母で仕込んだ渾身の一本
大吟醸ならではの華やかな香りと、繊細かつすっきりした味わいが魅力

酒造元:仁井田本家


 大吟醸 三春駒
CIMG0502_R



山田錦を35%精米、日本三大桜「 滝桜 」を有する小さな城下町「 三春町 」で
南部杜氏の優れた技術を活かし、蔵人が手造りで丁寧に仕上げた逸品


酒造元:佐藤酒造


 大吟醸酒 十八代伊兵衛 奥の松
CIMG0503_R

 8年連続金賞受賞

酒袋から自然に滴る雫だけを集めた貴重なお酒
蔵人の情熱と伝承の技から生まれた大吟醸をご堪能


酒造元:奥の松酒造


 大吟醸 ゆり
CIMG0504_R

 5年連続金賞受賞

1794年に創業し、代表銘柄「 会津中将 」を中心に酒造り
今回5年連続の金賞受賞を達成


酒造元:鶴乃江酒造


続きを読む

↑このページのトップヘ

レッドクローバ ブロッサム