カテゴリ: Music

echoesの最大の趣味である音楽鑑賞
基本、外国人アーティストの曲を聴いているので好きな
アーティストが来日すれば、ライヴを観に行ったりもします

今回起きたのが、そのコンサート会場でのテロ
" 何でそんなことを "と思ってしまいます

イギリス中部のマンチェスターでアリアナ・グランデの
コンサートが終了し、見に来ていたお客さん余韻に
浸っていたでしょう、そんな中の自爆テロ

アリアナ・グランデは洋楽好きでもよく知りませんが現在放映されている" 美女と野獣 "で
ジョン・レジェンドとのデュエットしている" Beauty and the Beast "は、ナカナカです


10代に人気のアーティストなので、死傷した大半が未成年などの若者
目撃した人は「 最後の歌を聴いた後、閃光がと共にとてつもない
爆発音が聞こえ、煙が立ち込めた 」また、ケガ人の治療を手伝った
人は「 まるで戦場のようだ 」と証言しています

身勝手な行動で、何の罪もない人が犠牲になる
非常に悲しい出来事です
無題-crop
会場入りするとき、X線検査や持ち物検査はしていたようですが
会場の入り口付近で、やらかしたとなると今後どうするか課題に
いずれにしても、子供を標的としたイギリスで最悪のテロの一つと断罪
「 罪のない無防備な未成年者を意図的に狙った卑劣極まる攻撃 」と
イギリス・メイ首相も非難をしています

コンサートをしていたアリアナ・グランデも被害者ですよね
今後のコンサート日程も狂ってしまうは( ヨーロッパ公演中止 )
自身のコンサートで" テロ "では、今後の活動に影響が出るかもです
8月には来日して、幕張で公演予定があるそうなんですが
企画側は「 情報を収集してから決定する 」とのこと

報道なんかでは見ているので意外に" 親日家 "なんですよね
今回の件で「 うちひしがれました 心の底から 本当に気の毒に思います
言葉が見つかりません 」とツイートしています

" 言葉が見つからない "ホントですよね

じゃぁ、日本はどうなの?
echoesは2月に" JOURNEY "、4月に" SANTANA "と
結構な頻度で、外タレのライヴに行ってきました( ジマン ハイッ!

JOURNEYは仙台のゼビオ・・・( ナンダッタッケ オイオイ アリーナ仙台( ソウソウ
SANTANAは日本武道館です

過去に何度か行っているので、持ち物検査は当然なんですが
なんですが、まずセビオアリーナ仙台は、バックの中を
懐中電灯をつけて、マジメに検査をしてくれました

一方、武道館はというと・・・なんちゃって検査
「 バックの中にカメラ・ビデオカメラ入っていませんか 」と
聞かれますが" 入ってないです "で会場IN( 中までは見ることなく
だったら「 持ち物検査しまーす 」なんてアナウンスするなって感じ

まぁ、武道館となると動員数もゼビオとは全然違うんで
スタッフの確保やら、コストの面やらで大変なんでしょうけど
せめて" 中身を見る "くらいは、やってもいいんじゃないかと

とは言っても、じゃぁ、ライヴに行っているechoesが" テロ "の心配
そんな心配しているわけないじゃないですか
今回のテロ事件で、もし次行くとき" テロに合うかも "なんて
考えて行くわけでもないし( 楽しくなくなってしまう・・・
なので、今回のような場で" テロ "が起きる=どうしたらいいの状態に

昨日あたり、テロ等ナンチャラが衆議院で可決したようですが
もうちょっと" 本気 "で議論してもらいたいです
なんか見てると、子供のケンカみたいで・・・ガッカリする
花見で双眼鏡と地図を持っている = 準備に当たるか当たらないか( バカカ
支離滅裂な大臣の発言も、如何なものだし
逆に、この間テレビ見ていて辛坊治郎さんの解説が一番わかりやすかったわ

" 島国なんで "なぁーんて悠長なこと言っている場合でもないし
適当な思い付きで、議論されても困ります
現実、海外では今回のように悲しい事件が起きています

国民の代表なんでしょ、国会議員さん
お金貰っているんだから、ちゃんと稼いでよね


SANTANA来日の情報を見てから約5か月
やっとこの日が来ました

SANTANA
TRANSMOGRIFY TOUR 2017
東京公演( 日本武道館 )
007-crop
ブドウカン♪、 ブドウカン(^^♪、サンタナ♫( イナカモノ・・・ )

SANTANAのライヴを観るのは約10年ぶり
4年前のライヴに行きたかったんですが、JOURNEYと被り
( 流石に2日連ちゃんで武道館には通えず・・・断念 )
といったこともあり、とても楽しみにしてました
名称:TRANSMOGRIFY ⇒ 仮面ライダー〇〇


ステージはこんな状況
009_R
バックスクリーンに色々な画像( 仏像やアルバムジャケット・・・etc )が
演奏中に映し出されるとのことだったのですが、echoesの座席は
010_R
ステージ横なのは、知っていたんですが端すぎー!
でも、画像大きくしてもらうとわかるんですがキーボードの
手前でカルロスがギター弾くのわかったので
この席は、この席でありか( ⇐ ポジティブ )
そこでの渾身の1枚がこれ
012_R
見えますかぁーッ!白いスーツ着てるのがSANTANAです

レポートは、以上です!

なわけないですよね、ではでは・・・
開演が5分くらい遅れたんですけど、echoesは見逃しません
まず、一番最初に目についたのは
" Cindy Blackman Santana "
以前、ブログにも載せましたが
fae0e340-s
SANTANAの奥さんです( 今回の来日は夫婦で )
まず、ビックリしたのはスタイルの良さ!
女性の本格的ドラマーって初めてだし、" あんなに細くて大丈夫 "
なんて思っていたら、いい意味で裏切ってくれました
07374717-s
なんともパワフル、いやぁー実にカッコいいしテクニシャン!
一発で好きになっちゃいました→" えんだんたかり "ではない
( 髪の毛のセットは・・・ブロッコリー・・・ )

そんなことを思いつつ、ライヴ・スタート
オープニングはたぶん「 Welcome 」の" When I Look Into Your Eyes "
だと思います( たぶん )途中からこの曲に・・・
2曲目は「 SANTANA Ⅲ 」から" Toussaint L'Overture( 祭典 ) "

「 Supernatural 」から" Maria Maria( マリア マリア ) "と
" Corazon Espinado( コラソンエスピナート ) "などがかかり
途中" Guajira( グアヒーラ ) "に変わるという" 粋 "な演出

「 ABRAXAS 」から" Incident at Nechabur( ネシャブールの出来事 ) "
うれしいテイクです!!

そしたら突然、花束とローソクに火が付いたケーキが・・・
" 何事 "と思ったら、スタッフさんの誕生日だったようで
SANTANA BANDの" Happy Birthday "ですよ

観客全員で拍手を送った後、やっと・やっと
念願の" Europa( 哀愁のヨーロッパ ) "を演奏してくれました
SANTANAのライヴには随分行っているんですけど
初めてなんです" Europa( 哀愁のヨーロッパ )"

演奏で嬉しかったのは、デビュー作「 SANTANA 」の
" Evil Ways( エヴィル・ウェイズ ) "や「 Moonflower 」の
" She's Not There( シーズ・ノット・ゼア ) "は生で聴くの
初めてだったので、異常の興奮!

意外だったのはEnyaの" Orinoco Flow "のカヴァーは意外でした


ライヴ終盤は、お馴染み" Black Majic Woman/Gypsy Queen "
生で聴くのこの曲も久々・・・
最後は" Oye Como Va( 僕のリズムを聞いとくれ ) "で終了


この他にも、" Jingo( ジンゴー ) "なども演奏して大盛り上がり
どちらかというと、懐かしい曲を演奏してくれました

観客もほぼ満員、年齢層はというと50代の方が多かったですかね
なかには、腰の曲がったお婆ちゃんもいましたよ
逆に若い方が少なかったような・・・

バックのメンバーもTimbalesの" カール・ペラーソ "は以前
高中正義のライヴで叩いているのを見ているので心配なし
" Gypsy Queen "のときスティックが折れたんですけど
それをもパフォーマンスにしているところが凄い!
" デイヴ・マシューズ "のキーボードも冴えわたりました
やっぱりこのSANTANAには、キーボードが欠かせませんから
" トム・コスター "、" チェスター・トンプソン "に続く
名キーボーディストでしたね

アンコールは、" Soul Sacrifice( ソウル・サクリファイス ) "
最後の最後は、2000年のグラミー賞を取るきっかけとなった
" Smooth( スムーズ ) "でライヴ終演
ここでも、奥様" シンディ・ブラックマン "の圧巻のドラム・ソロ
( めっちゃ、仲良さそうでした・・・ )


時間にして2時間ちょっと、今まで行ったライヴで
一番のライヴになりました

冒頭の「We Love Japan 」で完全に骨抜きなったechoes
親日家でもあるCarlos Santana
そして、何よりも世界の平和を願っているCarlos Santana
とっても素敵な時間を頂きました・・・Thanks!

楽しみしていた" JOURNEY JAPAN TOUR 仙台公演 "
行ってきましたよ~

ライヴ開催された" ゼビオアリーナ仙台 "
Xebio_Arena_Sendai_viewed_from_above
とってもきれいな写真ですね
会場の写真を撮ったんですが、ブレブレで別な写真を拝借
キレイな会場でしたよ

寒い中並んで、お決まりの持ち物チェックをし会場入り
珍しく「 ダフ屋 」がいなかったなぁ・・・
で、今回のライヴステージ
WIN_20170204_00_08_34_Pro_R
カッコいいですねぇ、JOURNEYのシンボル的な" スカラベ "が
ここら辺のステージセットは" さすが "です
ちょうど真正面の席でした( ただ、ちょい遠い )
WIN_20170204_00_09_18_Pro_R
ミキシングブース、公演時は4人で操っていました( やってみたい! )

開演まで残り5分を切った時、BGMで「 デフ・レパード 」の" ヒステリア "が
流れていて" 懐かしいなぁ "なんて思いつつ開演時間となり" 時間通りかな "
なんて思い" ヒステリア "が終わったとたん、照明が「 バサッ! 」と落ちました

開演です!!

最近のJOURNEYのライヴのスタートは" イントロダクション "からで
" どんな曲がかかるのかな「 マジェスティック 」かな "などど思い
ワクワクしていたら、いい意味で期待を外してくれました
全く知らない曲でした・・・
まず、ここで度肝を抜かれたのはニール・ショーンも良いです
ジョナサン・ケインも良いです、それよりも何よりも
スティーヴ・スミスが凄かったです!
やっぱりこの人のドラムは" うまい "です
重量感があります、前の" やんちゃ坊主 "とは違いました

そして記念すべき1曲目は" セパレイト・ウェイズ "
現在、話題になっている「 WBC 」の日本代表イメージソング
まぁ、出だしはこの曲が妥当なんですかね、照明効果がキレイでした

続いて" トゥ・ユアセルフ "この曲もメジャーですよね
そんでもって" オンリー・ザ・ヤング "この曲も最近のライヴでは
頻繁に演奏しています
この曲は" ヴィジョン・クエスト "っていう映画のサントラなんですよね
ですから、オリジナルアルバムには入っていない曲なんです

続きますよ、ニールショーンのプチギタ・ーソロがあって
お決まりの" ストーン・イン・ラヴ "で" エニィ・ウェイ・ユー・ウォント・イット "
前半では、この曲が一番盛り上がりましたね
echoesも" スッキリ "しましたとさ

ここでニールショーンがギター交換「 これは 」と思ったら
やはり" ライツ "やっと70年代の曲をやってくれました
" ライツ "が終わりジョナサン・ケインのピアノ・ソロ
このピアノ・ソロ良かったですねぇ
" ラヴ・ア・ウーマン "や" センド・ハー・マイ・ラヴ "の
サビの部分をジョナサンがキレイにピアノを弾いていました

で、また「 これは 」と思ったら、お約束の" オープン・アームズ "
この曲は今の" 若い世代 "のファンを取り込んだ曲ですよね
映画" 海猿 "のエンディングで、ファン層が若返りました
それと、最近の" オープン・アームズ "のライヴ演奏は
echoesも気に入っています
JOURNEYを代表する曲なんですが、なんか今までは
「 サラッと 」って感じだったんですが、最近は終盤に
ギターソロをアレンジしているので曲に重みが出ています

そして、echoesが楽しみにしていた曲" クライング・ナウ "
ピアノのイントロが流れた時" トリハダ "が立ちました
やっぱりこのバンド、バラードやらしたら天下一品ですね
いやぁ、最後のニールのギター・ソロ・・・涙もんでした

まだまだ続きますよ~
次は、「 FRONTIERS 」から" チェイン・リアクション "
変わり種といえば、変わり種
ただ、この曲のときだけヴォーカルが違っていました
ロス・ヴァロリーが紹介していたんだと思うんですが
誰だかわからずじまい・・・謎だ

次の曲が今回一番の変わり種
アルバム「 Infinity 」にテイクされている" ラ・ドゥ・ダ "
このテイクはビックリでしたね、まさかと・・・
で、中盤でスティーヴ・スミスのドラム・ソロ
前述したように、圧巻のドラム・ソロでした

再び、ニールのギター・ソロが入り、いよいよでしたね
今回のライヴでechoesの目玉にしていた
なんと言っても、このJOURNEYを決定的にした曲
そうです" ホイール・イン・ザ・スカイ "!!
お馴染みのイントロが流れた時、思わず" 待ってましたッ!! "と
叫んでしまいました

そして、ライヴも終盤" Faithfully( 時への誓い ) "では
観客全員で「 ウォーーウォー・ウォーーーー 」と大合唱
最後は" ドント・ストップ・ビリーヴィン "となりました

これで終わりではありません!( ちょっと拍子抜けしましたけど )
コンサートや、ライヴには" アンコール "があります
拍手を続けていると、また出てくるんです

アンコール1曲目は" ラ・ラザ・デル・ソル/ジプシー・クィーン "
この曲は???の人が多いですかねぇ
この曲もオリジナルアルバムにはテイクされてなく
「 TIME3 」というベストアルバムにテイクされています

この曲、良かったです
ジョナサン・ケインのハモンド・オルガンとニール・ショーンの
ギターのバトル・・・カッコよかったですね
で、なぜ" ジプシー・クィーン "を付け加えたか
" ジプシー・クィーン "と言えばSANTANAの
" ブラック・マジック・ウーマン/ジプシー・クィーン "ですが
その" ジプシー・クィーン "を演奏したんです!
ニール・ショーンが「 どうだ、俺はSANTANAのメンバーだったんだぞ 」と
ギターで語っているようでした( 素直に感動です! )

これでホントに最後、ライヴの〆は
" ラヴィン、タッチン、スクウィージン "ライヴの締めらしい
曲で、またまた全員で「 ナーナナ・ナーナナ・ナナナナーナ 」大合唱
こうして" JOURNEY JAPAN TOUR 2017 "は終演となりました

というわけで「 だーっ 」っと今回のライヴのレポですが
まとめとしては、いいライヴでした
いいライヴでしたが、昨日の記事にも載せたように
" ちょっと物足りなかったかな "感は正直あります が
純粋に楽しめたので" ヨシ "とします
ただ、今回のライヴ" 音 "・" 照明 "がスゴク良かったです
聴きやすい音でしたし、照明効果はすごかったです
❄ 聴きやすいと言っても、終わった後" 耳 "変でした ❄

そしてこんな広告が
CIMG1285_R
2月7日の武道館追加公演の模様がWOWOWで
放送されるみたいです( 3月12日 PM8:00 )
これは、アリだと思います
「 ESCAPE 」「 FRONTIERS 」世代の方は必見かと
" 完全再現ライヴ "ですからね、楽しみです

それでもって、今年はもう一つ
CIMG1286_R
そうなんです、SANTANAのライヴにもいくんです
この広告は盛岡公演のものですがechoesが行くのは
" 武道館公演 "広告の5日後です

楽しみは、続きます・・・

HOME

2月4日⇨立春です・・・
じゃなくて( 昨日の記事に載せた )
いよいよです、本日いよいよです

JOURNEY( ジャーニー )の来日情報を知ってから4か月
ようやくこの日がやってきました
そうなんです、今日が仙台でのJOURNEYのライヴの日です
CMなんかも結構流れていて" ゼビオ・アリーナ仙台で開催 "みたいな
昨日の夕方の全国ニュースでも" アメリカのスーパーロックバンド "の
見出しで報道されていました

2月1日に大阪城ホール、2月2日に愛知県体育館
間1日空けて本日の仙台公演と日本を巡っていますね
大阪城ホールのライヴの模様がbarksに掲載されています

" ジャーニー、4年ぶりの来日ツアーついに開幕 "

Set Listも載っていますね
代表曲を演奏しているようですが、echoes的にちょいと不満
何が不満かというと、確かに初代ヴォーカリスト ステーヴ・ペリーは
偉大でしたし、このバンド決定的にした人物であります
そして歌唱力もスゴイもでした これは納得・・・

ただ、いつまでもステーヴ・ペリー加入時の曲を演奏していても
なんて思っちゃうんですよねぇ
悪い言い方をすれば" 毎回ベスト盤的なライヴでは "なんてね
4年前のライヴのSet Listとあまり変わっていないんです
もう少し直近のアルバム「 REVELATION 」や「 ECLIPSE 」
あたりの曲を演奏してもらいたいところ

などとボヤキを言ってみたものの、やはり楽しみです
CIMG1284_R
今日行く" JOURNEY "のチケットです
なんだ、かんだ言ってもニール・ショーンのギターを聴きたいし
復活したステーヴ・スミスのドラミングも観てみたい
❄ 相変わらずのスキン・ヘッド ❄
ロス・ヴァロリーのライヴでのお茶目なしぐさ
ジョナサン・ケインのキーボードテクニック
そして、アーネル・ピネダの歌声
❄ ちょっとアーネルさん、タトゥーどんどん増えてないかい ❄

不満を言っても、これらを生で見れることは確かにスゴイ!
しっかり楽しんできましょう
2月7日の追加公演は「 ESCAPE 」「 FRONTIERS 」
アルバムの完全再現だそうで( これはアリか・・・ )
バンドとして一番脂がのっているときのアルバム楽曲を演奏とのこと

最後の不満といえば写真に写っている" 金額 "
これ、もうちょっと何とかなんないのかなぁ・・・

ライヴのレポートは明日載せまーす
" ゼビオアリーナ仙台 "ところで、仙台のどこにあるんだ・・・
オイオイ、今更か・・・

HOME

" ドゥービー・ブラザーズ "の来日情報は見逃してました
アメリカン・ロック版の最高峰!
21年振りの武道館公演実現
DoobieBros-w690
1973年リリースの「 キャプテン・アンド・ミー 」が大ヒットし
名曲" ロング・トレイン・ランニン "がヒット
イーグルスと並びアメリカン・ロックを代表する人気バンドの
ひとつになりました

今回の来日はと金沢・東京・名古屋・大阪の4公演
金沢公演:本多の森ホール 2017年4月24日(月)
東京公演:日本武道館 2017年4月26日(水)
名古屋公演:名古屋特殊陶業会館 フォレストホール 2017年4月27日(木)
大阪公演:グランキューブ大阪 2017年4月28日(金)
S席 ¥11,000 A席 ¥10,000

1982年に解散するも1989年に6人編成で完全復活
メンバー間で病気などで亡くなったメンバーが出るなど
悲劇を乗り越えて現在も活動をしています

史上最高のアメリカン・ロックバンドが無数のヒット曲をプレイする
ベストステージになること間違いなし!

 ロング・トレイン・ランニン Long Train Running
結構CMなんかで流れているのでわかる方多いと思います


HOME

↑このページのトップヘ

レッドクローバ ブロッサム