ベタちゃんの記事で" フィルター "なんて表現をしたので
せっかくなので水槽でのフィルターの役目や種類などを

お魚もフンやエラから汚れを排出します
また、死んでしまった個体や植物( 水草 )とエサの食べ残し
などからも汚れが出ます
これらは水槽水を汚し、お魚や植物の生成に大きな
影響を与えることから、健全な水槽には" ろ過 "が
大切となってきます
この" ろ過 "を行う装置が" フィルター "です
gaibu_filter
適切な汚れのサイクル管理が重要です
フンや分解物によるアンモニアは非常に有毒!
バクテリアによってアンモニアは亜硝酸塩へ、またこれをさらに
毒性の低い硝酸塩へ変えられていきます
自然界ではこの硝酸塩は植物の肥料として消費されます
水槽内の植物によっても多少消費されるようです

しかし、水槽内では自然界ではありえない数と種類のお魚が
飼育されていることから多くのアンモニアが生成されます
アンモニアを分解する細菌は水槽内すべて存在しますが
多孔質ろ材を内蔵するフィルターに多く存在します
ですが、フィルターですべての有害物やゴミの除去を
行うことはできないので、定期的な掃除、水を交換する
作業が必要になってきます

❆ 水槽のろ過に適したろ材 ❆
多くの材料がろ過に利用されていて、よく知られているフィルターの
素材は" ウール "と呼ばれるポリエチレンまたはナイロンがあります
スポンジまたはフォーム、各種セラミックやシリコン製品、火成岩礫も
素材として使用されています
800px-Filtermaterial_060227
活性炭やゼオライトも多く利用されていて、これらは多孔性材料であり
様々な化学物質を吸着したり、ろ過細菌のコロニーを形成します
もっとも単純なタイプのフィルターはウールフィルターと活性炭
ウールフィルターは大型デブリ粒子をトラップし、活性炭は
小さな不純物を吸着します
吸着したものが可飽和するため、定期的に交換や掃除をする
必要性がでてきます

❆ 各種フィルター ❆
フィルターにはモーター駆動によるインペラによって水槽水を送る
" パワーフィルター "と、泡の上昇に伴う水流を利用する
" エアーリフト式 "などの種類があります
 外部式フィルター
一般的な製品はポンプと濾過槽が一体化しているが起動にあたって
呼び水が必要となるため、水中ポンプを水槽内に設置する製品もあります
( 呼び水が不要の製品もあります )
Aquarium-Au_enfilter_svg
水槽台の中など設置場所に自由度があります
ろ過能力はろ材の容量に影響しますが高いほうかと
プロテインスキマー( タンパク質除去装置 )、紫外線殺菌灯
水槽用クーラー、強い水流と水中に酸素を発生させる
ディフューザーなども接続出る場合もあります
多量の二酸化炭素を必要とする水草水槽において多く使用されていますが
これは二酸化炭素を追加している場合でも密閉されたフィルターにより
空気中に放出されることを妨げるためとなっています
一方、空気中の酸素取り込むことがないため、生体によっては
酸素不足となりエアレーションなどが必要になる場合もあります

上部式フィルター
水槽の水はポンプによってろ過器に汲み上げた後、濾過槽を通過する際に
ろ過され、重力によってふたたび水槽内へ落下し循環するフィルターです
Aquarium
槽を複数持つものもあります( ドライ・ウェットなど )
ろ材には、ウールマット・スポンジ・炭・牡蠣殻・砂利・セラミックなどの
多孔性材料など多種多様なものが使用されています

汲み上げられた水がろ過槽から本水槽へ落ちる際、空気中の
酸素を巻き込むことから、水への酸素供給も行われます
上部フィルターの利点は、水槽上部を利用するためフィルター設置の
ための追加場所を必要としません
特に60㎝幅のものは安価なものもあり、ろ過材洗浄などの
メンテナンスが手軽に行えることなどが挙げられます
良好なメンテナンス性は生体メインの水槽、金魚などの水を
汚しやすいお魚の飼育に適しています
かつては、アクアリウム用水槽のデファクトスタンダードであり
現在でも60㎝から90㎝の水槽で多く使われています
一方、二酸化炭素追加装置により追加された二酸化炭素を
空気中に逃がしてしまうことと、水槽上部の照明設置スペースが
削られてしまうため、水草の育成には不向きとされています

 外掛け式フィルター
現在各メーカーから販売されていますが、いずれも構造は
極め単純で水槽内または水槽外に設置されたインペラー式
ポンプにより飼育水が外掛けのろ過槽に揚水されて、重力により
自然落下するときにろ材を通過するようになっています
Sotokake_filter
揚水高が小さいため、同じ流水量でも消費電力が低く
騒音や発熱の障害も比較的小さいです
純正のろ過材として販売される製品の多くはウールと
活性炭を利用したものが主流となっています
価格を考えればろ過能力は相当に大きく、小型水槽では
フィルターのスタンダードになっています
ろ過された水は比較的幅の広い帯状として水槽内へ戻るため
流水量の割には水流が強くならないことも小型水槽向きと言えます

相応の能力を維持するには定期的なメンテナンスは欠かせません
水垢やコケなどが付着して急速に流量が低下します
この場合は分解してインペラやパイプを掃除します

 オーバーフロー式水槽
オーバーフロー水槽は水槽の下に独立した濾過槽を設置し
そこから水槽に汲み上げた水が溢れてろ過槽に戻るというシステムです
overflow0606_side01
ヒーター・クーラー・殺菌灯などはろ過槽内のキャビネットに収容できます
ろ材も多く入れることができるのと、大きなゴミを濾しとるウールの
交換も容易なため水の汚れも早く分解できます
そのため数を入れたりエサをよく食べるお魚を飼育する場合にも
適したシステムと言えるでしょう
ウェットはもちろんのことドライフィルターのろ過能力は高いです
水槽内の水がろ過槽に落下する際、空気を巻き込みますので
二酸化炭素を必要とする水草の育成には適していません
一番の問題は" 高額 "です・・・
echoesはこのオーバーフロードライフィルターで海水魚を
飼育した時あるんですがメンテナンスは楽でしたねぇ

このほかにも、エアーリフト式水中フィルター・底面式フィルターなどの
フィルターがありますが、そのフィルター独自の特徴であったり
メリット・デメリットがありますね
" このフィルターを使わなくちゃいけない "なってことはありませんが
飼育する水槽、飼育する環境で適切なフィルターを選んでもらえれば

おぉ、もう一つ
 スポンジ式フィルター
スポンジをろ材としてろ過する装置で水槽内に設置します
エアポンプとホースが必要になりますが構造が単純で
あることから設置が簡単で安価です
51BSPBLnhrL
空気の泡を含んだ水が排出されるためエアレーション効果があり
水の流れを作れるようなパイプが付属しています
目の細かいスポンジを使用し、そこにろ過バクテリアが
住み着くようになるため、生物化学ろ過が行われます
生体を傷つけたり稚魚を吸い込む心配がありません
スポンジが目詰まりしやすいため、飼育水などを利用して
もみ洗いしバクテリアが十分付いている状態で再利用します

HOME