今日はトム・ショルツひきいるボストンの1976年デビュー作
「 BOSTON( 幻想飛行 ) 」です

カンサスなんかと並んでアメリカン・プログレ・ハード
なんて称されていますし、ボストンの曲がきっかけで
" クラシック・ロック "なんて言葉も生まれました
tower_3185925_R
全米ビルボードチャート最高3位を記録し、142週チャートイン
アメリカだけで1700万枚、全世界では2000万枚の売り上げ
デビュー作では異例の大ヒットとなりました

Set List
1 宇宙の彼方へ-More Than A Feeling
2 ピース・オブ・マインド-Peace Of Mind
3 フォアプレイ/ロング・タイム-Foreplay/Long Time
4 ロックンロール・バンド-Rock And Roll Band
5 スモーキン-Smokin'
6 ヒッチ・ア・ライド-Hitch A Ride
7 サムシング・アバウト・ユー-Something About You
8 レット・ミー・テイク・ユーホーム・トゥナイト-Let Me Take You Home Tonight
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Member
G,Key:トム・ショルツ Tom Scholz
Vo:ブラッド・デルプ Brad Delp
G:バリー・グドロー Barry Goudreau
B:フラン・シーン Fran Sheehan
Ds:シブ・ハシアン Sib Hashian
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

分厚いギターサウンドによるハードな音作り
それでいてポップで聴きやすいメロディ
爽やかなコーラス・ワーク
デビュー作とは思えない完成度のアルバムです

アルバムジャケットにクレジットされている
" No Synthesizers Used "=シンセサイザー使用せず
" No Computers Used "=こんぴゅたーを使用せず
綿密に手を加えられた音源と、膨大な時間と労力を費やした
トム・ショルツのミックス作業を物語っています

アルバムのほうは何といっても" 宇宙の彼方へ "
" ロング・タイム "がイチオシですし" ロックンロール・バンド "
" ヒッチ・ア・ライド "なんかもいい曲です
また、今は亡きブラッド・デルプのヴォーカルもいいですね
歌唱力もあり綺麗な高音域がでるヴォーカルでしたが残念です

 宇宙の彼方へ More Than A Feeling


 ロング・タイム Foreplay/Long Time


HOME