ジャーニーの出世3部作のうちの2作目「 Evolution 」
1979年発売

ドラムがエインズレー・ダンバーからジャン=リュック・ポンティ
などで活躍していたスティーブ・スミスに変わりました
51KS1NFDPKL_R
スティーヴ・ペリーのヴォーカルもさることながら
このアルバムでは、ニール・ショーンのギターも
前面に出てきています

アルバムジャケットもカッコいい
Set List
1 マジェスティック Majestic
2 トゥー・レイト Too Late
3 ラヴィン・タッチン・スクウィージン Lovin',Touchin', Squeezin'
4 エンジェルの町 City Of Angel
5 遥かなる旅路 When You're Alone
6 スウィート・アンド・シンプル Sweet And Simple
7 ラヴィン・ユー Lovin' You Is Easy
8 ジャスト・ザ・セイム・ウェイ Just The Same Way
9 ドゥー・ユー・リコール Do You Recall
10 デイドリーム Daydream
11 レディ・ラック Lady Luck

--------------------------------------------------------------------------------------
Member
Vo:スティーヴ・ペリー Steve Perry
G:ニール・ショーン Neal Schon
Key:グレッグ・ローリー Gregg Rolie
B:ロス・ヴァロリー Ross Valory
Dr:スティーヴ・スミス Steve Smith
--------------------------------------------------------------------------------------

このアルバムでは" ジャスト・ザ・セイム・ウェイ "
" ラヴィン・タッチン・スクウィージン " " トゥー・レイト "が
シングルヒットしています

" ラヴィン・タッチン・スクウィージン "はライヴで演奏
されますし、" マジェスティック "もライヴのオープニングで
演奏することも
" ジャスト・ザ・セイム・ウェイ "のスティーヴ・ペリーと
グレッグ・ローリーのかけあいなんかもいいです

中でもechoesは" ラヴィン・ユー "が好きです
結構ハードな曲でスティーヴ・ペリーの迫力あるヴォーカル
ニール・ショーンのエンディングのギターソロたまりません

 ラヴィン・ユー


HOME