Pink Floydの1967年デビュー作「 夜明けの口笛吹き
( The Piper At The Gates Of Dawn ) 」をご紹介

シド・バレットがバンドの中心メンバーで制作されたこのアルバム
プログレッシヴ・ロックというよりサイケデリック・ロックで
独特の世界観をかもしだしています
4136A59Z3KL_R
アルバムタイトルは" ケネス・グレアム "の児童文学作品「 たのしい川べ 」の
第7章の題名から拝借したそうです( パクリですね )

Set List
1 天の支配・・Astronomy Domine
2 ルーシファー・サム・・Licifer Sam
3 マチルダ・マザー・・Metilda Mother
4 パウ・R トック・H・・Pow R,Toc H
5 神経衰弱・・Take Up The Stethoscope And Walk
6 星空のドライブ・・Intersteller Overdrive
8 地の精・・The Gnome
9 第24章・・Chapter 24
10 黒と緑のかかし・・Scarecrow
11 バイク・・Bike
---------------------------------------------------------------------------
Member
G,Vo:シド・バレット( Syd Barrett )
B,Vo:ロジャー・ウォーターズ( Roger Waters )
Key.Vo:リチャード・ライト( Rechard Wright )
Dr:ニック・メイソン( Nick Mason )
---------------------------------------------------------------------------

11曲中8曲がシドバレットが手掛けた曲( 5・6・7曲目以外 )
しかし、すでにシド・バレットはドラッグ摂取により
正常な状態ではなかったとのこと

1曲目の" 天の支配は "最近デヴィッド・ギルモアも
ライブで演奏しています
11曲目の" バイク "なんかはベスト盤にも収録されています
 天の支配

レコーディングの時バンドの演奏を耳にしたポール・マッカートニーが
「 彼らにはノックアウトされた 」と語った逸話があります

Pink Floydの初期の頃のアルバムは難しいです
今だに理解ができていません・・・

HOME