SANTANAが1973年にリリースした「 Welcome 」をご紹介
ラテン色が薄くなり、音楽的にはジャズですが
SANTANAの変化が感じ取れるアルバムかと
4125TsegMRL_R
Set List
1 Going Home
2 Love Devotion & Surrender
3 Samba de Sausalito
4 When Look Into Your Eyes
5 Yours Is The Light
6 Mother Africa
7 Light Of Life
8 Flame-Sky
9 Welcome
----------------------------------------------------
Member
G:Carlos Santana
Key:Tom Coster
Key:Richard Kermode
B:Dung Rauch
Dr:Michael Shrieve
Par:Jose 'Chepit' Areas
Par:Armand Peraza
Vo:Leon Thomas
--------------------------------------------------

前作の「 Caravanserai 」が名作すぎたため
影が薄い印象のアルバムですが
" Flame-Sky "はJohn McLaughlinが参加していて
後半はSantanaとMcLaughlinのツインギターで
迫力のある曲になっています

この他も" Love Devotion & Surrender "や
" When Look Into Your Eyes "など
聴き応えのある曲が入っています

最後の曲" Welcome "はJazz界で有名な
John Colraneの代表作です

このアルバムからキーボードにTom Costerが
加入していますがこの後、彼が中心的な
役割を果たしていきます

HOME