JOURNEYのデビューアルバム「 JOURNEY( 宇宙への旅立ち ) 」を
ご紹介します

SANTANAを脱退したNeal SchonとGregg Rolieを中心に
1973年サンフランシスコで結成し、1975年にリリースした
記念すべきアルバムです
41YznKpfarL_R
結構JOURNEYって知っておられる方が多いと思うんですが
デビュー当時の音楽性は、どっちかというとプログレッシブで
インストの曲なんかも入っていて、聴き応えがあります

Set List
1 Of A Lifetime
2 In The Morning Day
3 Kohoutek
4 To Play Some Music
5 Topaz
6 In My Lonely Feeling / Comversayions
7 Mystery Mountain
-------------------------------------------------------------------
Member
Vo・Key:Gregg Rolie
G:Neal Schon
G:George Tickner
B:Ross Valory
Dr:Aynsley Dumber
------------------------------------------------------------------

SANTANA脱退後のNeal SchonとRoss Valoryが
「 ゴールデン・ゲート・リズム・セクション 」なんていうインストバンドを
結成していたようなんですが、そこへGregg Rolieが
加入しめでたく「 JOURNEY 」となったわけです

アルバムは、1曲目の" Of A Lifetime "はシングルになりました
3曲目の" Kohoutek "5曲目の" Topaz "このインスト曲は好きですし
なんといっても" In My Lonely Feeling/Conversations "
邦題:悲しい気分で/会話
echoesはこの曲が一番好きです

 In My Lonely Feeling/Conversations

 Kohoutek

このアルバム発表後、ギターのGeorge Ticknerが
バンドを脱退してしまいすのでバンドのギタリストは
Neal Schon一人となります

そして、ここからJOURNEYの長い" 旅 "が始まります

HOME