金魚は硬骨魚類のコイ目・コイ亜科・コイ科・フナ属に分類
しかし、一口に金魚といっても、実にさまざまな姿をしています

金魚を大きく分けると「 和金型 」「 琉金型 」「 ランチュウ型 」
「 オランダ獅子頭型 」の4タイプになります 

a95732fea6d3cf450cfe81702797c025_R




最も祖先のフナに近いのは「 和金型 」です
遺伝的には野生に近く、長生きして20㎝以上に
成長するものもいます






IMGP2205-600x400_R




「 琉金型 」は丸い体をして長い尾ビレを
持っています
和金に比べて泳ぎは得意ではありませんが
ゆらゆら泳ぐ姿が愛されています






bec67bf9fd711095ba8e61c0d4a0314b_R



卵型の体型で背びれがないのが特徴の
「 ランチュウ型 」は、特に上見の美しさで
知られています
4タイプの中でも、体質はデリケートです






0030010000052_R




「 オランダ獅子頭型 」は琉金に比べて
胴が長く、丸い姿をしています
また、立派な尾ビレを持っています






それぞれのタイプによって特性が違いますから
同じ水槽で飼わないほうが良いケースもあります
 
和金型
  代表的な品種 
  和金 コメット 朱文金 三州錦 六鱗など
  特  徴 
  フナに近い体型 丈夫で飼いやすい 泳ぎが得意 大きく成長する

琉金型
  代表的な品種 
  琉金 玉さば 出目金 蝶尾 土佐金など
 特  徴 
  丸い体型で尾ビレが長い 肉瘤の発達した品種もある

ランチュウ型
  代表的な品種 
  ランチュウ 江戸錦 桜錦 花房 南京など
  特  徴 
  背びれがなく、上から見ると小判のような形 動きがゆっくり

オランダ獅子頭型
  代表的な品種 
  オランダ獅子頭 東錦 丹頂 青文魚など
  特  徴 
  琉金よりも胴が長め 三ツ尾や四ツ尾の美しい尾ビレを持つ