ちょっとした思い付きで巡礼をしてみようと始めた
会津三十三観音巡り
昨日、新聞を見ていたら なっ!なんと県内初の日本遺産に
認定されていたのを見てビックリ
DSCI2414_R
全く知りませんでしたし、なんだ" 日本遺産 "って
そしたら、新聞の上に記載がありました

「 日本遺産とは 」
文化財を観光資源として活用するため文化庁が平成27年度に
認定を始めた歴史的建造物や祭りなど
外国人にも分かり易い物語性があることを重視し有権者委員会で選定する
平成28年度、県内で安積開拓、安積疎水開削事業に関する
" 未来を拓いた《 一本の水路 》 "(郡山市 猪苗代町)も
日本遺産に認定されている


というわけで、会津三十三観音の他に安積開拓事業も日本遺産に
認定されているとは、2度ビックリ
ブワッと新聞を開いたら、三十三観音巡りって会津だけじゃないんですね
近いところだと" 猪苗代三十三観音 " このお堂はメインは猪苗代町で
磐梯町にもあるようです
この他に、" 御蔵入三十三観音 "があるようでこっちは只見町と南会津町に
お堂があるようです( メインは南会津町のようです )

上記以外に
" 永田西国三十三観音 "(南会津町)
永田地区の鷲山の山腹に三十三体の観音様が安置されている
" 町廻り三十三観音 "(会津若松市)
鶴が城下にあった三十三観音で" 若松三十三観音 "
" 城廻り三十三観音 " " 三十三所札所 "とも呼ばれていた
" 西隆寺乙女三十三観音 "(三島町)
境内に柔和な笑みをたたえる乙女観音が点在している
" 久保田三十三観音 "(柳津町)
久保田地区の小高い丘陵に聖観音、如意輪観音、十一面観音
千手観音、馬頭観音など三十三体の観音石像が安置されている

わぉ~  こんなにいっぱい三十三観音があることを初めて知りました
全箇所廻ることはさすがにできないと思いますが、" 猪苗代三十三観音 "は
行ってみたいですし、" 久保田三十三観音 "は興味があります(観音石像に)

会津地方すごいですよね、観光したりするところがたくさんあって
素晴らしいと思いますし、福島県には国宝が3つあるんだそうですが
その内、2つは会津にあるんだそうです(知らないことだらけ)

1つは常勝寺(湯川村)の薬師如来坐像、月光菩薩立像、日航菩薩立像
もう一つは、龍興寺(三里町)の一字蓮台法法華経
が国宝になっているようです

国宝以外にも、国指定重要文化財・県指定重要文化財・町指定有形文化財
国重要伝統的建造物群保存地区などもいっぱいあるんですね
まぁ、この当たりの内容はまた別の機会で掲載します

小学校の頃とか結構、会津には学習旅行やら何やらで鶴が城とか
飯盛山なんか行っていましたが全く興味がなくつまらなかった思い出が
ありますが、この歳になるとすごく興味がある今日この頃(歳とったな)
興味があれば皆さんも会津へ

って、echoesは郡山なのに会津の宣伝をしました・・・