January 2017

久々のブログの更新です
それでもって" 雪 "はもうお腹いっぱいです
福島県は郡山も今回の雪は20cmくらい積もりました
シーズンに4~5回くらいは積もるんですが連日だとちときつい
" 雪景色 "って嫌いじゃないんですけどね
寒くなくて、車の運転がなければ・・・
とはいえ、落雪などで連日事故が起こっていますので
報道でもあるように必ず" 2名以上で "事故に合わないようにご注意を

ブログもさることながら" おつまみ "記事もお久しぶりです
現在、寒いところでの仕事や重いものを振り回しているので
自宅に帰るともうヘロヘロ状態です
❄ いつまで続くのか・・・来週からまた立ち上げだ・・・ ❄
そんなことを知ってか
CIMG1283_R
" あんこう鍋 "を作ってもらいました
「 疲れているんだから、うまいもの食べて栄養つけろ 」と義父
気をつかってもらってありがとうございます

" あんこう "の" 肝 "がいっぱい入っていて、いい味しています
熱い鍋突いて飲むビール=最高!!
実はこのあんこう鍋、5~6年前まであまり好きじゃなかったんです
な~んとなく苦手で、好んで食べなかったんですが
歳のせいかここ何年か結構好んで食べるようになりました
具材を食べた後、雑炊にして締める
贅沢なツマミですね・・・

ちなみにもう一品
CIMG1280_R
あんこうの" 肝 "を蒸かしたものです これに
CIMG1281_R
七味とお店特性のポン酢をかけて食べました
これは" 最高 "です
たまりません
ホントに栄養が付きます!!

いや~、久々においしいおつまみを頂きました
でもですよ
これ、たま~に食べるからいいんですよね

こう言っちゃなんですけど" こんなもの "毎日食べてたら
栄養どころかかえって病気になっちゃいます・・・
なんせ" あん肝 "プリン体たしか№1だったかと
痛風=贅沢病 わかるような気がします

HOME

お正月も3が日が過ぎて、今日から仕事の方も多いかと
echoesはというと、今日まで年末年始のお休みで
明日から仕事はじめとなります( う~・・・憂鬱 )
それにしても、温かいお正月でしたねぇ
ずっとこの状態が続いてくれればと思っていたんですが
残念ながら明日1月5日からは寒くなりそうです
皆さん、体調崩さないように!!

さてと、今回は" アン・ルイス "のアルバムを紹介します
ベスト盤の「 WOMANISM ZEN-KYOKU-SHOO Ⅰ・Ⅱ 」です
なぜに" アン・ルイス "かというと・・・好きなんです
まだ若かりし頃に、友人に誘われてライヴに行った時が
あるんですが、正直期待はしていませんでした( 全盛期のとき )
ただ、テレビでは見聴きしていたので曲は知っていましたから
とりあえず" 付き合うか "程度のノリで行ったわけなんですが
実際ライブを見て" 度肝 "を抜かれました
派手で、実にカッコいいライヴだったのを覚えています
このライブ依頼、結構好んで聴いていました
41JRC77Y1ZL
まずは「 WOMANISM Ⅰ 」から

Set List
1 グッド・バイ・マイ・ラブ
2 甘い予感
3 女はそれを我慢できない
4 湘南の男たち
5 シャンプー
6 恋のブギ・ウギ・トレイン
7 リンダ
8 One Sided Love
9 ラ・セゾン
10 LUV-YA( ラブヤ )
11 I Love Youより愛してる
12 薔薇の奇跡
13 In Pleasure
14 六本木心中( オリジナル )

アン・ルイス=ロックっていうイメージですけど" グッド・マイ・ラブ "や
" リンダ "みたいにザ・歌謡曲もいいですよね
どちらの曲も有名です
小学生のころ" 女はそれを我慢できない "を聴いたときは衝撃でした
そのほか" ラ・セゾン " " LUV-YA " " I Love Youより愛してる "
なんかはバリバリのロックでお馴染みの曲ですよね

続きを読む

新年1発目のアルバム紹介は
ピンク・フロイドの「 Atom Heart Mother( 原子心母 ) 」
本来であればシド・バレットが在籍していたときのアルバムを
紹介するところなんですが、プログレ好きのechoesも
さすがに初期の頃のピンク・フロイドは難しすぎます

で、このアルバムはどうなのかというと難しいですが
すばらしいアルバムで、これぞ" ピンク・フロイド "しています
なので、いつもより詳しくご紹介します
41TFHGM1MYL_R
1970年リリースの" 原子心母 "
ヒプノシスによる" 牛 "のジャケットも有名ですよね
( インパクトあり過ぎですよね、ジャケットの裏も" 牛 " )
本作は全英初登場1位、全米55位を記録し各国でヒットしました
それまでのピンク・フロイドのアルバムはどちらかというと
アンダーグラウンドで難解な実験的音楽的要素が強かったんですが
" 原子心母 "からはわかりやすく聴きやすい内容になっています
シド・バレット脱退後、初めて商業的・音楽的成功をもたらしています

Set List
1 原子心母 Atom Heart Mother
(1) 父の叫び Father's Shout
(2) ミルクたっぷりの乳房 Breast Milky
(3) マザー・フォア Mother Fore
(4) むかつくばかりのこやし Funky Dung
(5) 喉に気をつけて Mind Your Throats,Please
(6) 再現 Remergence
2 もしも If
3 サマー'68 Summer'68
4 デブでよろよろの太陽 Fat Old Sun
5 アランのサイケデリック・ブレイクファスト Alan's Psychedelic Breakfast
(1) ライズ・アンド・シャイン Rise and Shine
(2) サニー・サイド・アップ Sunny Side Up
(3) モーニング・グローリー Morning Glory

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
Member
G,Vo:デヴィッド・ギルモア David Gilmour
B,Vo:ロジャー・ウォーターズ Roger Waters
Key,Vo:リチャード・ライト Richard Wright
Ds:ニック・メイスン Nick Mason
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

続きを読む

175105400
新 年
あけまして
おめでとうございます!

本年も
WISH YOU WERE HERE~日常の出来事~
ならびに
Fukushima Circulationを
よろしくお願いいたします


2017年始まりましたねぇ
今年は
CIMG1275_R
ピーちゃんの年です( 酉年ですね )

今年は穏やかな年明けでした
寒くもなく、せっかくなので" 初日の出 "でも見ようかと
思っていたんですが、こんなことを思っていると
ばっちりの寝坊( 普段早起きなのに・・・ )
目が覚めたら完全にお日様が上がっていました

今年はというと、去年と同じ
家族中、健康に注意をして笑って過ごせればと思っています

HOME

↑このページのトップヘ

レッドクローバ ブロッサム