9a9aab_c27c3bf0d25d4a64abf9b50e4a27198f~mv2

9a9aab_261f519f8d4a42a4a6440502799cc0c7~mv2
ジャーニー( Journey)はアメリカ合衆国出身のロックバンド
1973年にサンフランシスコで結成され、メンバー交代や解散、再結成
などを経て、音楽性を変えながら活動
1970年代中期から降臨した" アメリカン・プログレ・ハード "の
代表的なバンドとしても知られる
SANTANAに参加していたニール・ショーンとグレッグ・ローリーを
中心として1973年にサンフランシスコで結成 数々のプラチナ
ディスクやゴールド・ディスクを獲得した
特に1980年代初頭、BOSTONやTOTO、Van Halenらと
並び人気を得た 2005年1月21日に" ハリウッド・ウォーク
オブ・フェーム "に手形と名前を刻んだ






1972年の「キャラヴァンサライ」発表後SANTANAの音楽性の変革やカルロス・サンタナの宗教問題からメンバーが
離散を起こし、ギタリストのニール・ショーンを当時のSANTANAのロード・マネージャーだったハービー・
ハーバードがサポートしようと画策 若手のグレッグ・エリコ(ドラム)、ピート・シアーズ(ベース)とのトリオ
「 ハッピー・バースデー」を結成するも、実質的活動がほぼないまま空中分解 その後「 ゴールデン・ゲート・リズム・
セッション 」などと名乗り、サンフランシスコのクラブでセッション、ジャズ・ロック的なライヴ活動をしていたところに
サンタナ時代の同僚であったグレッグ・ローリー(キーボード/ヴォーカル)が加わったころからメンバーが固定化
ほかのメンバーは、ジョージ・ティックナー(ギター)、ロス・ヴァロリー(ベース)、プレイリー・プリンス(ドラム)である
9a9aab_ef450ed95bee4ce7bb93459707f34923~mv29a9aab_9e641057982e43e1a7d3fb322086aaf0~mv29a9aab_d9bf5bc9e92b4d41acc74fdef18e6eb9~mv2
まもなくドラマーがジェフ・ベック・グループやフランク・ザッパ&マザーズなどでキャリアを積んだエインズレー・ダンバーに
代わり、1974年には当時のCBSコロンビアの契約を結んだ

デビューにあたっては、コンサートのフリーパスを懸賞としたバンド名公募が地元ラジオ局によって行われたが、ここでは
まともなアイディアが得られず、結果的にはスタッフの提案によって「 ジャーニー( Journey ) 」をバンド名とした

翌1975年にデビュー作「 JOURNEY( 宇宙への旅立ち ) 」を発表
セカンド・アルバム「 LOOK INTO THE FUTURE( 未来への招待状 ) 」のリリース前にティックナーが脱退し
このアルバムと次作「 NEXT( 果てしなき挑戦 ) 」ではショーン、ローリー、ヴァロリー、そしてダンバーの4人編成となる

この当時のJOURNEYは「インストゥルメンタル曲主体のプログレッシヴ系ロックバンド 」という位置づけであったが、
商業的には振るわず補強のためロバート・フライッシュマンが初の選任ヴォーカリストとして1977年6月から加入
ニュー・アルバムのための曲作りに参加しつつツアーに臨むも約3か月後のツアー中に解雇され、ほどなく2代目選任
ヴォーカリストとしてスティーヴ・ペリーが加入 フライッシュマンの解雇とペリーの加入は、当時のマネジャーであった
ハービー・ハーバード( かつてのSANTANAのロードクルーとして参加していた彼が「 ショーンを中心としたバンドを
作ろう 」と思い立ったことがJOURNEY結成のそもそもの発端であった )の戦略的判断によるものであったと言われている

スティーヴ・ペリーの加入により、バンドの方向性はそれまでにない劇的な変化を遂げることになる
9a9aab_9ef05cc1c08c485aa0346128feaefcd1~mv2
スティーヴ・ペリーはJOURNEYに加入する直前まではエイリアン・プロジェクトというバンドに参加していたが、メジャー
デビューため契約をまじかに控えた1977年の夏にベーシストを交通事故で失いエイリアン・プロジェクトとしてのメジャー
デビューの話は白紙となった( ペリー曰く「 バンドは急いで彼の代わりを探したんだけど、僕にとっては彼無しでではもう
以前と同じようなバンド活動は続けられなくなってしまった 」 )

エイリアン・プロジェクトとしての活動を停止した後、ペリーは故郷に戻ってしばらく農場で働いていたが、実はその間に
エイリアン・プロジェクトのデモテープが業界関係者に通じてハービー・ハーバードのもとに届いた
それを聴いたハーバードは、その可能性を高く評価しペリーをJOURNEYに加入させた
( 加入当初のペリーはハーバードの計らいからか「 ツアースタッフの親戚 」という触れ込みでツアースタッフも兼務したとされる )

1978年、4作目の「 INFINITY( インフィニティ ) 」では前作までのプログレッシヴ系ロックバンドとしての作風も維持しつつ
その伸びの良いヴォーカル・パートを生かした躍動感ある楽曲との和合が特色となり、その後のバンドの方向性を明確に示す
このアルバムは全米21位のヒットとなり、初のシングルヒット曲を獲得 " ホイール・イン・ザ・スカイ "すると共にプラチナ
ディスクを獲得した

しかしダンバーはそれ以上のポップ化を図るバンド/マネジメントとそりが合わなくなり脱退して、ジェファーソン・
スターシップに移籍、新たなドラマーとしてスティーヴ・スミスが参加
ジャズの流れを汲む彼の演奏はハードロック的でポップな作風へとシフトしつつあったバンドの志向と合致し1978年
発表の「 Evolution( エヴォリューション ) 」アルバムでは全米チャート20位、続く1980年発表の「 Departuer
( ディパーチャー ) 」では8位とさらに勢いを増し、その中で歴代の代表曲となる" ラヴィン・タッチン・スクィージン "や
" お気に召すまま "などのシングル・ヒットも記録 バンドはそれまで通りライヴ・ツアー主体の活動を続けつつ、より広範な
観衆と人気を獲得してゆくこととなる また、前述「 Departuer 」アルバムと同年に高田賢三が監督を務めた映画
「 Dream After Dream( 夢・夢のあと ) 」のオリジナルサウンドトラックも手掛けた


その後、結成メンバーの一人であったグレッグ・ローリーが心労などの理由から脱退し、オリジナルメンバーは
ショーンとヴァロリーの2人だけとなる ローリーは後任のキーボディストとして当時JOURNEYの前座を務めていた
ベービーズのジョナサン・ケインを推薦した ケイン自身はこの時すでにベイビーズの主要メンバーであった自らの
責任とJOURNEYの可能性との狭間で苦悩したが、最終的にはJOURNEYを選んだ

シンセサイザー世代であるケインはメロディックな曲を書くソングライターとしての素質を持っておりJOURNEYの
楽曲に幅広いレパートリーを与えた また演奏面でもブルージーで官能的なグレッグとは全く異なる爽快なサウンドを
JOURNEYの楽曲に加味した ギターも演奏できたケインはショーンの手ほどきでギタリストとしても才能を現わし
ライヴにおいては時としてショーンをサポートする" もう一人のギタリスト "として演奏するなど斬新な印象をバンドの
作風に盛り込んだ

ニール・ショーン(ギター)、スティーヴ・ペリー(ヴォーカル)、ロス・ヴァロリー(ベース)、ジョナサン・ケイン(キーボード)
の5人体制となった ヒット作となるアルバムがリリースされたのもこの時期である
9a9aab_2f49eb14b8b14fd99336e6c96c2da1a2~mv2

1981年に発表されたアルバム「 ESCAPE( エスケイプ ) 」は全米1位を獲得
ライヴ・ステージの音響担当からレコーディング・エンジニアに昇格したケヴィン・エルソン( このアルバムの前作である
「 CAPUTURED( ライヴ・エナジー )ではプロデュースを担当 )とコンビを組んだ後に、名プロデュサーとして讃される
ようになるマイク・ストーン、この2人の「 生で演奏している音の雰囲気を殺さずに音盤にする 」力量が、レコードには
中々収めきれなかったライヴ・バンドだったJOURNEYの魅力を遺漏無く封じ込めることに成功したのも、彼らの出世を
大きく後押ししたことは特記しておく必要があると思われる なお、後にマイク・ストーンはJOURNEYの仕事で培った
レコーディングのノウハウをより洗練させASIAの成功に大きく貢献した

金銭的に余裕のできたからか、ニール・ショーンがヤン・ハマーとのものを皮切りに独自のプロジェクトを立ち上げる

ちなみに、バンドの作品中日本でもっとも有名なバラードの一つである" Open Arms( 翼を広げて ) "もこのアルバムに
収録されているが、この曲はケインがベイビーズ時代に書き起こしたものの、当時のバンドのヴォーカリストである
ジョン・ウェイトの反対に遭い陽の目を見ることのなかったものだ シングルでJOURNEYの最高位Billboard Hit 100で
全米2位、キャッシュボックス、レコードワールド、ラジオ&レコーズでは全米1位、そしてのちにマライや・キャリーの
手になるカバーのリバイバルヒットと記録的な一曲になった
9a9aab_64a7a3db3f9948fe9fe74dd48cb300fe~mv2
続く1983年の「 FRONTIERS( フロンティアーズ ) 」も全米9週連続2位のメガヒットに輝く
「 FRONTIERS 」は「ESCAPE 」の幻想的な作風からバラードのヒット曲路線を継承しつつも、よりハード・ロック志向の強い
曲も収録し、バンドの個性が出ている1枚になった ちなみに当時の1位は前後37週にわたって居座ったマイケル・ジャクソンの
「 スリラー 」だった この後、スティーヴ・ペリーは自身初のソロ・アルバムを発表し、さらにUSA for Africaにソロ・ミュージシャン
として参加 ニールショーンもまたソロ・プロジェクトをの一環としてヤン・ハマーとの合作によるアルバムを発表
9a9aab_8133402336a74a788f7cb8cb4de8cd56~mv2
メンバー同士の不仲説が囁かれるなか、再びJOURNEYとしての活動に戻って次のアルバム「 Raised On Radio
( ~時を駆けて ) 」の制作が始まったときロス・ヴァロリーは参加せずスティーヴ・スミスも一部の楽曲のみの参加であった

スミスは「 ESCAPE 」発表当時から自身のフュージョン・プロジェクト" Vital Information "を開始しており、JOURNEYでの
成功によって金銭面の心配がなくなったのも手伝い、曰く「 本腰を入れて取り組みたかった 」というジャズに没頭すべく
JOURNEYを脱退したといわれている
( この当時子供ができたためツアーに出たくなかったのも脱退の理由だとスミスが後年語っている )

そして1986年リリースされたニューアルバム「 Raised On Radio( ~時を駆けて ) 」はスティーヴ・ペリー、ニール・ショーン
そしてジョナサン・ケインの3人だけが正式メンバーとしてクレジットされており、アルバム制作 および ライヴツアーにおいては
オーディション等を経て起用された臨時のメンバーが参加していた

このアルバムは過去最高となる5曲のヒットシングルを生んだ

後年のライヴでも代表曲の一つとして演奏されることの多い" Be Good to Yourself( トゥ・ユアセルフ ) "は、この
アルバムの初出である そのほか、ラジオによって生まれたというメンバーそれぞれの音楽心をアルバムのテーマに
していたことから、従来にない試みとしてサックスを導入した曲" Positive Touch( ポジティヴ・タッチ ) "なども
含まれていた 「 Raised On Radio 」アルバムは最終的に全米チャート4位まで浮上するが、この年のライヴ・ツアーは
スティーヴ・ペリーが心労を理由にリタイヤを申し出たことにより約4か月で終了し、バンド活動もまた休止状態に陥ってしまう
9a9aab_8f0d50243f21414a8e1f10b9387db128~mv2
前作「 Raised On Radio( ~時を駆けて ) 」のリリースから10年後の1996年、スティーヴ・ペリー、ニール・ショーン
ジョナサン・ケインの3人にロス・ヴァロリー、スティーヴ・スミスの2人を迎えた1983年当時のバンドラインナップによって
JOURNEYは新たなアルバム「 Trial By Fire( トライアル・バイ・ファイアー ) 」を発表
オリジナルアルバム10作目にあたるこの作品は、最高3位の実績を残した

「 Trial By Fire 」は全米アルバムチャート3位に達するヒット作となったが、スティーヴ・ペリーが体調の不備を理由に
ツアーに出ることを渋ったことから再結成メンバーによるツアーは行われた
1998年にはライヴ盤「 Greatest Hits Live( グレイテスト・ヒッツ・ライヴ ) 」を出すも同時にスティーヴ・ペリーの
正式脱退が伝えられた その後、再びジャズ・ミュージックに専念したいという理由によってスティーヴ・スミスも脱退
9a9aab_559bbce563bb4025983b045e811809bb~mv2
JOURNEYは新メンバーとしてスティーヴ・オージェリー(ヴォーカル)、ディーン・カストロノヴォ(ドラム)を加え再スタートする
新たなメンバーを擁したJOURNEYは2000年秋にアルバム「 Arrival( アライヴァル ) 」を発表
1980年代初頭におけるいわゆる" 黄金時代 "を彷彿させる幾多の楽曲が収められた
このアルバムは当初日本で先行リリースされて、次いで本国アメリカでも2001年春に発売されたが、ビルボード・
アルバムチャートでは56位と伸び悩んだ 売り上げの伸びなかった原因の一つとしてファイル共有ソフトによる楽曲流出がある

2002年春、JOURNEYはデビュー以来その関係を保っていたSONY MUSICとの契約を解除し、80年代風ロック
アーティスト専門のインディーズ・レーベルであるイタリアの" フロンティアーズ・レコード "に移籍してオンライン・
マーケットでの流通を開始する( これに伴い、日本におけるJOURNEYの発売元はキング・レコード )
同年8月、移行後初のアルバム「 Red13( レッド13 ) 」を発表

2004年、日本映画「 海猿 」の主題歌として" Open Arms "が採用されたことを受け、SONY MUSICは既出のアルバム
「 Greatest Hits 」をリニューアルした そして同年秋、JOURNEYは3年ぶりに日本でライヴ・ツアーを行った
この年の来日ツアーにおいてJOURNEYは往年のヒット曲のみならず、長年ライブ向けにプレイし続けてきたナンバーも
ステージセットに多数取り入れ、かつメンバー全員がそれぞれリード・ヴォーカルを受け持ちつつ演奏を繰り広げるという
従来の慣習にとらわれないライヴ・パフォーマンスを披露した

2005年1月にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームへの殿堂入りを果たした
その際に開かれたイベントには歴代のメンバーがほとんど出席した
9a9aab_e2fe9ff35f104725a30c36529daa34b0~mv2
同年8月、前作「 Red13 」から5年ぶりにニューアルバム「 GENARATIONS( ジェネレーションズ ) 」を発表
このアルバムには2004年の日本公演さながらにメンバー全員が、それぞれリード・ヴォーカルを担当する" 持ち曲 "が
設けられた 特定のフロントマンに依存せずメンバー全員で楽曲そのものをアピールしていくという、これまでバンドが
培ってきた特性と人気を継承しつつも" 往年の人気バンド "という位置に留まるまいとする姿勢が見受けられる
しかしながら、セールス的には全米170位と振るわなかった

2006年ツアー中に、喉の感染症を治療するためにスティーヴ・オージェリーがバンドを離れることとなり、代理の
ヴォーカリストとしてジェフ・スコット・ソートが参加 同年末、ジェフは脱退したオージェリーに代わって正式メンバーに
昇格したことが発表されるが、翌2007年6月に脱退

JOURNEYは、公式ウェブサイトを通じて年内の活動休止をアナウンスする

❄ New JOURNEY
9a9aab_578e20f7b9ba40059c985bc847ca2764~mv2
2007年12月5日、JOURNEYはフィリピン人シンガーのアーネル・ピネダをリード・ヴォーカリストに迎えたことを公式
ウェブサイトで発表し、このラインナップですぐさまアルバム「 Ravelation( レヴェレイション ) 」のレコーディングを行った
プロデュースとエンジニアリング、ミキシングを再結成2枚のアルバムを手掛けたケヴィン・シャーリーが再び担当した
このニューアルバムは、新曲10曲に加え前作「 GENERATIONS 」に収録されていた" フェイス・イン・ザ・ハートランド "を
ピネダを迎えて再演したテイクを含むDiscⅠと、スティーヴ・ペリー在籍時代のヒット曲・人気曲11曲を現メンバーによる
再録で構成されたDiscⅡの2枚組になった 2008年6月3日にネット予約先行、同4日にウォルマート店舗、同9日には
欧州 および 全米で発売された セールス的には発売1週間で世界計10万4,000枚(バンド発表)を売り上げるヒットとなり
Billboard Top 200でも初登場5位、同Top Internet Album2位、同Top Independent Album1位などを獲得した

日本でも6月にオリコン週刊洋楽チャートにて輸入盤のみながら28位の記録を皮切りに、日本盤正式発表以前から
一部外資系レコード店にて輸入盤が好調な売れ行きを示した 10月8日に発売された日本盤ではUS盤ボーナス・
トラック" Let It Take You Back "の代わって" The Place In Your Heart "「 GENERATIONS 」の再演版が収録されている

12月18日には「 Trial By Fire 」以降初となるゴールド・ディスク & プラチナ・ディスクに認定された
ハンドはHEART、Cheap Trickと共に全米各都市を精力的にツアーを終え、2009年3月9日から東京、名古屋(11日)
大阪(12日)を回る日本ツアーを開始 3月9日の東京国際フォーラム・ホールAをソールドアウトさせた
9a9aab_24cddd0b212d4d2eb1ccb75b118fc38a~mv2
2011年5月24日、スタジオアルバムとしては14作目に当たる「 Eclipse( EC1P53 ) 」をリリースしBillboard Top 200に
おいて初登場13位を記録した

2015年6月14日、ドラマーのディーン・カストロノヴォがドメスティック・バイオレンスの容疑で逮捕される
その後釈放されたが禁止していた相手との接触を繰り返し暴行に及んだとして釈放が取り消され、収監されたことにより
ディーンの解雇が正式に決定した これにより、同年8月3日までのツアーの残りのアメリカ国内 および カナダでの公演は
オマー・ハキムが代役を務めた その後2015年11月26日、2016年5月から始める北米ツアーでは1998年に脱退した
スティーヴ・スミスがゲストで参加

引き続き2017年ツアーも帯同し、来日公演を開催
9a9aab_ffdbb8118f924d32826cbb25403c8fb6~mv2