昨日・今日と雪です
先週、降った雪がようやくなくなったと思っていたら
また、白くなりました
中国地方のほうでも記録的な" 大雪 "となっているようで
事故にお気を付けください
仕事のほうも" 順調 "に" 不順調 "です( 困ったもんだ・・・ )

とおろで、ところで
echoesの飼育しているセキセイインコの" ピーちゃん "が
なんとッ!卵、卵を産んだんです
CIMG1287_R
わかりますかぁ、丸い" 卵 "が2つあるの
( 2つ目は、つい30分前くらいに生みました )
大きさは、ウズラの卵の2まわり小さいサイズ
ですが、残念なことに" 無精卵 "です
家の" ピーちゃん "にはお相手がいません

っていうか、" ピーちゃん "女の子だったんですね
飼い始めてブログで紹介したとき男の子で紹介したんですが
バッチリ間違っていました!!

「 インコが無精卵を生むのは 」
メスのインコが無精卵を生むことは、成長に伴い成熟している
ということなので自然の流れともいえます
しかし、繁殖期以外に頻繁に産卵したりするのは危険だとか
インコを可愛がり過ぎて発情させてしまうと繁殖の態勢に
なってしまい、お相手のインコがいなくても卵を
身ごもってしまうようです

産卵はインコにとって負担がかかってしまい、寿命が
短くなったり、うまく産卵できない場合は卵が詰まってしまうことも

「 無精卵を生んだインコへの対応 」
❄ 生まれた卵は取らずに2週間ほど置いておく
インコは産卵時、ある程度卵が揃わないと産卵をやめません
そのためインコが卵を温めている場合は取らずに放置
インコが卵に関心を抱いていない場合や、卵がすでに
割れている場合は処分してヨシ

とまぁ、あまりいいことではないようですね・・・
とは言っても、生んでしまったものはしょうがない
しばらく放置で・・・

「 無精卵の産卵を防ぐ 」
❄ ケージ内に巣箱を設置しない
❄ カロリーの高い食事は与えない
❄ 日照時間は8時間~12時間程度に抑える
❄ 遊びすぎて興奮させないようにする

該当するのは4番目ですかね・・・
「 発情の対象が飼い主となってしまう場合があるようです
背中をなでる行為はインコを発情させやすいので控えましょう 」
背中をなでたりしてはいなかったのですが・・・
CIMG1288_R
母性本能なんでかねぇ・・・
ちゃんと温めるんですよ
でも、温めても卵は孵化しないんですよね
なんか、ちょっと可哀想な" ピーちゃん "
これからは気をつけないと・・・

HOME